節約

【口コミ・評価】LINEモバイルは評判が悪い?2年利用した感想【2020】

節約家にとってはもはや定番となりつつある、携帯代の節約。
ここ数年で格安SIMがかなり話題となっているため、知らない方の方が少ないのではないでしょうか?

私も2年前に携帯代の節約をするべく、SoftBankから格安SIMに乗り換えました。
私が乗り換えたのがSNSを利用するのにお得な格安SIM、「LINEモバイル」

もちろん、現在も進行形で契約中です!

携帯代を安くする方法は?iPhoneは格安SIMで賢く節約!現代人には欠かせられない「スマホ」 連絡ツールとしてはもちろん、スマホ一台あれば、地図を読むことも、調べ物することも、お金を稼ぐこ...

実際に私が2年使用した感想をまとめると、私はLINEモバイルに乗り換えてよかったです。

しかし、LINEモバイルは悪い評判も多く契約するにあたって悩んでいる方もいらっしゃるのでは?

そこで今回は、LINEモバイルを実際に2年利用してみたメリット・デメリットを辛口評価にてレビューさせていただきます。

LINEモバイルに乗り換えるか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね!

今なら新規入会キャンペーンで最大2ヶ月間利用料が無料。


出典:LINEモバイル

更に最大1万円相当がもらえるキャンペーンも実施中。


出典:LINEモバイル

このキャンペーンのクーポンコードは、下記ボタンからGETできますよ!

 

LINEモバイルの特徴

レビューの前におさらい。
LINEモバイルの特徴です。

SNSデータフリーがお得

LINEモバイルの一番の打ち出しとも言えるSNSデータフリーのプラン。

LINEはもちろん、フェイスブック・twitter・インスタ・LINEミュージックを多用する人にとってはかなりお得とも言えるプランとなっています。

データフリーとなるサービスは以下の通り。

●LINE●
・音声通話・ビデオ通話
・トーク全般(テキスト・音声メッセージ・スタンプ・画像・動画・その他ファイルの送受信)
・タイムライン全般(投稿・カメラ・リレーの利用、閲覧)
・友だち閲覧・追加
・ニューストップ・カテゴリの閲覧
・ウォレット
・スタンプ・着せ替えのダウンロード
・アカウント設定

●Twitter●
・タイムライン
・ツイート
・ツイートの閲覧(画像・動画含む)
・トレンド・モーメント・通知・メッセージの利用
・プロフィール・プライバシー設定
・ウェブブラウザでの利用

●Facebook●
・フィードの閲覧、投稿(画像・動画含む)
・リクエスト・お知らせ・その他の閲覧、利用
・プロフィール・プライバシー設定
・ウェブブラウザでの利用

●Instagram●
・タイムライン
・ストーリーズ
・検索
・アクティビティ
・ダイレクトメッセージ
・プロフィール設定
・ウェブブラウザでの利用

通常通りに使用していれば、ほぼデータフリーで使用できます。

このSNSデータフリーの一番のメリットは、データ容量をたくさん使って残量が少ない時でも、高速通信できるという点。

月末になると低速でSNSも時間がかかってイライラ…なんて事態を防ぐことができるのです。

SNSを中心に使用している方は、LINEモバイルを使わない手はないのです。

料金プラン

LINEモバイルの料金プランです。

LINEモバイルは

①SIMタイプ
②データ容量
③データフリーオプション

この3つを選択するだけという非常に簡単な料金プランになります。

詳細を説明していきますね。

最初に「①SIMタイプ」と「②データ容量」を選んでいきます。

 

データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
データ
容量
月額
基本利用料
データ
容量
月額
基本利用料
500MB 月額600円 500MB 月額1100円
3GB 月額980円 3GB 月額1480円
6GB 月額1700円 6GB 月額2200円
12GB 月額2700円 12GB 月額3200円

これのいずれかを選びます。

そして次に、「③データフリーオプション」を選択します。
データフリーというのは、先ほどご紹介した通り、通信量を消費しないサービスです。

オプション名 プラス
料金
データフリー
サービス
LINE
データフリー
+月額
0円
LINE
SNS
データフリー
+月額
280円
LINE・twitter
Facebook
SNS音楽
データフリー
+月額
480円
LINE・twitter
Facebook・Instagram
LINE MUSIC

では①〜③の全てを合算した料金です。

 

LINEデータフリー
(ベーシックプラン+0円)
データ
容量
データSIM
(SMS付き)
音声通話
SIM
500MB 月額600円 月額1100円
3GB 月額980円 月額1480円
6GB 月額1780円 月額2200円
12GB 月額2700円 月額3200円

 

SNSデータフリー
(ベーシックプラン+280円)
データ
容量
データSIM
(SMS付き)
音声通話
SIM
500MB なし なし
3GB 月額1260円 月額1760円
6GB 月額1980円 月額2480円
12GB 月額2980円 月額3480円

 

SNS音楽データフリー
(ベーシックプラン+480円)
データ
容量
データSIM
(SMS付き)
音声通話
SIM
500MB なし なし
3GB 月額1460円 月額1960円
6GB 月額2180円 月額2680円
12GB 月額3180円 月額3680円

です。

また、この他にも

 

オプションサービス
10分かけ放題 月額880円
端末保証 月額450円or月額500円
Wi-Fiオプション 月額200円
ウイルスバスター 月額420円
LINE MUSIC 月額750円
フィルタリング 月額0円

フィルタリングは無料なので、お子様に持たせる場合に安心して利用できます。

この他にも、留守番電話サービスなど、回線ごとのオプションがあります。

最初にかかる手数料は

SIMカード発行手数料 400円
ウェブ登録事務手数料 3,000円

です。

また、これから新規契約する場合には2年縛りのような最低利用期間はなく、解約手数料も一律1000円です。

ななこ
ななこ
料金プランも分かりやすくて、契約前でも大体どのくらいの金額なのかがわかるのもポイントだよ!

実際に利用してみたメリット・デメリット

私が実際に2年間利用してみたメリット・デメリットをまとめました。

あくまで個人の感想ではありますが、これからLINEモバイルに変えようかと悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

メリット

とにかく安くなった

やはり一番のメリットは月々の携帯代がかなり安くなったこと。

SoftBankを使っていた時代は、携帯代に月1万円は当たり前でした。
しかし、LINEモバイルだと安い時で2000円以下。

現在は大体3000〜4000円で、年間にして約7万円が浮いたのです。

LINEモバイルに乗り換えた時に機種を新しくして、それが大体10万円ほどでした。

そして現在で2年使用しているので、機種代を計算したとしてもプラス4万円

支払い額が半額以上になったので、その分月々浮く金額も大きく、固定費の中で最も楽な節約になりました。

SNSデータフリーが使える

LINEモバイルならではのSNSデータフリーサービス。

LINEモバイルに乗り換えるまでは大して変わらないのでは?と思っていました。

しかし、実際に使用してみるとこれがめちゃくちゃ影響が大きいことが判明!

契約して3〜4か月くらいは通信量をほとんど使わなかったので、通信量は最低の1Gでもいけたくらい、SNSデータフリーによって通信量がかなり節約できました。

実際SNSデータフリーで使用できる通信量も多く、特にLINE電話やインスタ・ツイッターの動画サービスがデータフリーなのはかなりありがたいなと思いました。

先ほども少し触れましたが、月末になって低速になって遅くてイライラするというのが防げるのは嬉しい点です。

SoftBankだった時には毎月、月末になると低速との戦いでしたが、LINEモバイルにしてからは低速になったことを気にすることが圧倒的に減りました。

余った通信量を持ち越せる

余った通信量は翌月に持ち越すことが可能。

そのため、あまり通信量を使わなかった翌月はデータを少なくすることも可能で、そうすることで料金の節約にもなります。

しかもその手続きは超簡単!
WEBのマイページからすぐに変更することができます。
(マイページもLINEと連携すればすぐにログインできるので簡単)

最初の方は特に、データプレゼントなどの特典でデータもあまりがち。
かなり料金をおさえることができますよ!

キャンペーンが多い

LINEモバイルでは常にキャンペーンを行なっているため、いつ入会してもお得なのがポイント。

私が入会した時は、データプレゼントのキャンペーンを行なっていたので、2〜3ヶ月は基本料金くらいしか支払っていません。
(料金プランも、最低価格の1Gにしたことも!)

現在行なっているのはこちら。

新規入会キャンペーンの最大2ヶ月間利用料が無料。


出典:LINEモバイル

更に最大1万円相当がもらえるキャンペーンも。


出典:LINEモバイル

1万円相当はかなり大きな金額…!
10人に1人、3千円分もかなりの高確率では?

お得なキャンペーンが多いので、お見逃しできません。

LINEポイントが貯まる

結構嬉しいのがLINEポイントが貯まること。

一見地味に感じるのですが、貯まると結構使い道があるんです。

・スタンプ・着せ替えの購入
・LINE payで使う
・LINEサービス(ギフト・デリマ・MUSIC・STORE)

以上のサービスで利用が可能。

LINE payはコンビニなんかでも使えるので、案外使い道があります。

私も毎月わずかではありますが、15Pほど貯まっているので少しずつ貯めて使ってます!

デメリット

支払い方法が銀行決済だと面倒

支払い方法が

・クレジットカード
・LINE Payカード決済

の2種に限定されます。

クレジットカード決済だったら簡単でいいのですが、LINE Payカード決済だと、わざわざLINE Payカードを発行しなければなりません。
このLINE Payカードを使用すれば銀行決済も可能なのですが、直接銀行口座を登録するわけではないので少々面倒…

とはいえ、この面倒なのは最初だけなので気にならない方は全然問題ないかと思います。

通信速度が速くない

正直に言うと、通信速度はそこまで速くないです。

ただ、すごい遅いかと言うとそういうわけでもありません。

SoftBankを使用していた頃の通常よりは少し遅いように感じます。
でも低速時のようなイライラする速度ではないので、個人的にはそこまで気になりません。

どうしても速度が速くないと嫌だ!という方だと気になるかも…?

通話料金が高い

あとLINEモバイルに変えて唯一驚いたのは通話料金の高さです。

通常の通話料金は、30秒で20円なので、意識しないでいるとあっという間に100円とか超えてしまうことも…

「いつでも電話」というアプリを使えば30秒で10円にはなります。
しかしこれでも充分に高い…

頻繁に通話する人は、10分かけ放題サービスに契約した方が間違いなくお得です。
その分、プラス料金がかかるので、どちらにしても通話する方には少し高く感じるかと思います。

料金プランが少し値上がりした

2020年2月に料金プランが改定されて、以前のコミュニケーションフリープランがなくなってしまいました。

私は現在でもこのコミュニケーションフリープランに加入していますが、新規受付を終了してしまったこと。
それによって、SNSデータフリーは以前のこのプランよりも少し値上がりしたように感じます。

私自身SNSの中で最も使用しているのが

・LINE
・twitter
・Instagram

なんですが、インスタを使用するプランを新プランで選ぶと、必然的にLINE MUSICがついてきてしまい、それが少し割高に。

今から新規で加入しようと思う方は、もちろん損はありませんが、個人的には以前のプランの方が安く好んでいたので残念に感じています。

LINEモバイルはこんな人におすすめ

では最後に。
LINEモバイルはこんな方におすすめです!

・とにかく携帯代を安くしたい
・SNSをよく使用する
・通話をあまりしない
・お子さん用として

という方は、間違いなく他の格安SIMより安いです。

メリット・デメリットをあげましたが、個人的には圧倒的にメリットの方が勝ちます。
なのでこれからもLINEモバイルを継続していく予定です!

楽天モバイルに契約している旦那と実際に携帯代を見比べて見ましたが、私の方が1000円以上も安いことが判明。

これには旦那もかなりの驚き。

大手キャリアを使っている方はもちろん、他社の格安SIM利用者の方にもおすすめしたいです。

ぜひLINEモバイルへの乗り換え、検討してみてくださいね^^

携帯代を安くする方法は?iPhoneは格安SIMで賢く節約!現代人には欠かせられない「スマホ」 連絡ツールとしてはもちろん、スマホ一台あれば、地図を読むことも、調べ物することも、お金を稼ぐこ...
ABOUT ME
ななこ
東京23区から引っ越し、関東のボロ賃貸で暮らしているアラサーのななこです! 妊娠を機に退職したらお小遣いなしの専業主婦になったので、悔しくなってブログを頑張ったら、遂に月3万稼げるようになりました! ただ今0歳児子育て中のママ♪ このブログでは、お金に関するリアルな情報や節約方法、家計についてなどを発信しています。 インスタでは節約レシピやお得情報を不定期更新中!
RELATED POST